セーラー服JKが修学旅行で輪姦される!友達を裏切る女を中出し制裁

当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。
DUGA

東京では、田舎から修学旅行でやって来たJKを時々見かけます。楽しそうな彼女たちの姿はほのぼのとさせられますが、一方で、彼女たちによからぬ思いを抱く変質者も少なくありません。そんな変質者によるレイプを再現したのが『修学旅行で東京に来たイモだけど超絶かわいい田舎女子校生を「東京案内してあげる」とダマして中出し、お友達を電話で呼び出させてその娘もレ○プ2』です。

東京の街中をブラブラしている紺色セーラー服姿の女子校生4人。地図を見たり、撮影したりと、田舎者丸出しの行動が目立ちます。そんな彼女たちに撮影してあげると近づいてきたのが「テレビ局の職員」です。どう考えても怪しいのですが、他人を疑うことを知らないJKたちは「東京案内してあげる」という言葉に心が揺れます。とはいえ、点呼があるから戻らなければならず、2人は戻って、他の2人は男たちについて行くことに……。とりあえず2人は荷物を置くため、男たちの車で宿に戻り、そこで衝撃的な真実を知ります。

「東京だからってさぁ、そんな簡単に人の言うこと信用しちゃダメでしょうよ」

「テレビ局の職員」はJKたちをバカにしたように吐き捨てて本性を表しました。JKたちは押し倒され、口を手でふさがれ、唇を吸われ、股間やお尻を揉みしだかれます。電動バイブを口の中やマンコにねじ込まれ、さらにフェラチオまでさせられます。ンンンンと声にならない声を漏らしながら、田舎のお嬢様たちは都会の男のチンポをしゃぶらざるを得ません。

男は途中で「一人だけ逃がしてやっから」「その代わり、一人はメチャクチャにやってやるから」と言います。JKの一人は「こいつでいいんじゃないですか?」と友達を指さして自分だけ難を逃れようとします。ピンチの時の本性を表した腐れJKは友達を「ヤリマン」扱い。それを見た男は激怒します。

「自分さえよければどうでもいいっていうさあ、そういうさあ、友達大事にしない奴、大っ嫌いなんだ、俺は!」

結局、お仕置きされるのは裏切り者の方でした。もう一人は、友達がどこかに連れされても絶対に言わないように口止めされて解放されました。それを見た裏切り者は「ふざけんなよ」と罵声を浴びせますが、男にガッチリ押さえつけられて、それ以上は何もできず……。三本のペニスによる制裁を受けることとなりました。マンコを突かれて痛みを訴える裏切り者は、友達を呼ぶように言われ、自分が助かりたい一心で再び友達を裏切るのでした。

「おまえの代わりに中出しさせてくれる友達いんだろ?」

男にそう言われたJKは「絶対に呼びます」と答えながらスマホを操作。自らが中出しされそうな状況で鳴り響く呼び出し音。電話に出たサトミちゃんに「テレビ局の人に東京案内してもらってる」と嘘をついて呼び出しに成功。レイプされながらも冷静に友達と話していた裏切り者に、男は「おまえ、よくそんな楽しそうな声出せんな」と言います。そんな男はこの裏切り者を許すつもりはなく、どのみち中出ししてしまうのでした。「友達とかどうでもいい」とほざいていたJKのマンコからザーメンがドロリと零れ落ちる光景は「ざまあ」というべきでしょう。

この後、呼び出されたサトミちゃんは「本当に芸能人に会えるんですか?」とノリノリです。友達に裏切られたとも知らず、「東京は超楽しい」などと浮かれているサトミちゃん。彼女がどうなるのかは以下の記事を参考にしてください。

https://clothesripping.com/rip/sailor/2447

田舎に住むJKたちの友情を踏みにじる鬼畜どもと、こいつらの罠に引っかかって薄汚い本性を露わにしたJKの姿がリアルに描写されていて、なかなか心を抉られる作品でした。私の目的は切り裂かれるセーラー服でしたが、ストーリーもそれなりに楽しめたので、満足できる作品でした。実際に追い詰められたJKは、本当にこんな感じで友達を裏切るのでしょうか?

★詳細は下の画像をクリック!★

DUGA

当サイト内のサンプル動画の多くは、有限会社APEXが運営するアダルト動画配信サイト「DUGA」から提供されたものです。

有限会社APEXは健全で優良な日本企業で、20年にわたって、有名な企画物からマニアックなフェチ作品まで幅広く配信してきました。詐欺や個人情報漏洩などの危険がなく、法的に不安のある無修正動画も販売していません。

安心安全なDUGAですが、サンプル動画を見放題(無制限)にするには無料会員登録が必要です。無料会員登録に必要なのはメールアドレスだけで、退会も簡単です。架空請求などの心配もありません。

この機会に以下のページから無料会員登録することをおすすめします。

レイプ&痴漢
服裂フェチ男をフォローする
タイトルとURLをコピーしました